歯周病治療なら名古屋市千種区のごとう歯科クリニックへ

平日  9:30 - 13:00 /14:30 - 19:00
土曜午後は14:00 - 18:00(休診日:木曜・日曜・祝日)
祝日のある週の木曜は診療します

052-753-0550

歯周病治療

歯周病治療

歯周病の進行は
止めることができます

歯周病とは、歯周病菌が原因となり「歯槽骨」という歯を支えている周りの骨の吸収を引き起こしてしまう恐ろしい病気です。
当院の歯周病治療は、プラークコントロールや歯石除去を主軸に、歯周ポケットの浅い初期の治療から、高い専門性が求められる歯周組織再生治療など、歯周外科領域にも対応しております。歯周病は、歯垢や歯石の細菌によって歯ぐきが腫れたり歯がグラついたり、知覚過敏やむし歯にもなりやすくなります。更に、細菌が歯肉の奥に進み症状が悪化すると、歯を支える骨を吸収していき、最終的には周りの骨が歯を支えられなくなって抜けてしまいます。
歯周病は歯周病菌と体の抵抗力のバランスが崩れた時に進行していく病気で、現在30歳以上の成人の約80%が歯周病だと言われています。適切な対応を取ることで進行を止めることができますので、定期的に検診を行い早期発見することが大切です。

歯周病の原因と対策

【原因】歯周ポケットに残った歯垢の中の細菌

歯周病は、歯肉が歯に接する付近に存在する「歯垢の中の細菌」が原因で進行していきます。
年齢とともに歯茎が下がり、細菌が増殖する空間が広がってしまうので、汚れが多く残りやすくなります。
できるだけ歯垢を残さないようにしておくことが大切です。

歯間ブラシとデンタルフロスを使いましょう

特に細菌が残りやすい歯と歯の間と、歯の側面に付いた歯垢は毎回の歯磨きで取り除いていくことが大事ですので、ご家庭での歯みがきでは集中的にケアすることができる、歯間ブラシとデンタルフロスの併用をおすすめしています。

歯周組織再生治療(GTR)について

歯周病で失った
歯根膜と骨を再生させる治療

歯周組織再生治療(GTR)とは、歯周病によって壊された歯周組織(歯肉・歯根膜・歯槽骨)の再生を促す治療です。歯周病で歯の周りの骨を失った場合は、骨だけでなく歯の根の周りの歯根膜も失われます。
一度失われてしまった歯の周りの骨を戻すのは非常に困難で、歯根膜を再生させなければ歯の周りの骨も戻すことができませんので、歯根膜と骨を再生させる「歯根膜再生手術」が必要となります。
当院では高い専門性が求められる「歯周組織再生治療(GTR)」や「歯槽骨再生治療(GBR)」等、歯周外科領域にも対応しております。他院で既に治療を受けられている方にセカンドオピニオンの対応も行っておりますのでご不安なことなど、お気軽にご相談ください。

歯周再生治療費用について

歯周病治療
歯周再生治療 ¥60,000~
治療費
page top