名古屋市千種区今池駅周辺の歯医者ならごとう歯科クリニック

平日  9:30 - 13:00 /14:30 - 19:00
土曜午後は14:00 - 18:00(休診日:木曜・日曜・祝日)
祝日のある週の木曜は診療します

052-753-0550

矯正歯科

HOME > 矯正歯科

矯正治療

歯並びを改善することで
むし歯予防にもつながります

矯正治療は、専用の装置を歯に装着し、歯を根元から正しい位置に移動させることで歯並びや咬み合わせを改善していきます。矯正治療に年齢制限はなく何歳からでも行うことができます。
正しい位置の歯並びに改善されていくことで口腔内環境が整えられ、むし歯や歯周病の予防にもつながっていきます。機能や審美的な要素に加えむし歯の予防効果も併せもっている治療なので、歯並びが気になる場合や違和感がある場合には、早めにご相談ください。

歯並びが悪いことによる体への影響
  • 凹凸により歯磨きがしにくいためむし歯や歯周病になりやすい。
  • 食べ物を良く噛み砕けず胃腸などの消化器に負担がかかる場合がある。
  • 上顎と下顎をつなぐ顎関節に負担がかかるので、顎関節症になりやすい。
  • 咀嚼筋の発達に影響を与えることから筋力のバランスが崩れ姿勢が悪くなりやすい。
  • 正しい発音がしにくい場合がある。
  • 咬み合わせが不安定なので集中しにくい。
  • 口元を気にして非社交的になりやすい。

不正咬合(ふせいこうごう)

歯並びに問題があり
役割が機能していない状態を不正咬合といいます

正しい歯並びを正常咬合というのに対して、問題のある歯並びや咬み合わせを「不正咬合」といいます。
不正咬合は歯並びの見た目が悪いだけでなく、上下それぞれの歯が異なった場所で噛み合い、その役割が機能しない状態のことです。不正咬合には、上顎と下顎の位置がずれている骨格性のタイプと、歯と顎の大きさのバランスが悪いことによって、歯にでこぼこや隙間が生じる歯性のタイプがあります。
一般的に矯正治療は成長期のお子さんが対象と思われがちですが、歯周病を長く患った末に噛み合わせが悪くなった方や、上下の咬み合わせのずれにより顎の関節や口腔機能に問題が生じてしまった方など、大人の患者さんも多くいらっしゃいます。

不正咬合の種類
  • 上顎前突

    上の前歯が強く前に傾斜していたり、上顎に比べて下顎が小さかったり、上顎全体が前に出ていたりします。

  • 開咬

    奥歯はしっかりかんでいるのに前歯が開いてしまっている状態です。指しゃぶりや舌の位置異常が原因の場合があります。

  • 正中離開

    歯と歯の間に隙間が生じている状態です。特に上の前歯の間が2mm以上開いている場合は、注意が必要です。

  • 叢生

    顎の空間に対して歯が並ばず、歯が重なって生えている状態です。特に犬歯が歯並びから飛び出して重なった状態を八重歯と言います。

  • 反対咬合

    上の歯よりも下の歯が前方に出ている状態のことです。

  • 側方交叉咬合

    上下の顎の大きさがアンバランスであることによって、噛み合せが横にずれることがあります。放置すると顔が歪んでしまう可能性があります。

  • 過蓋咬合

    奥歯を閉じると、前歯が深く咬み込み下の前歯がほとんど見えなくなるくらい閉じ過ぎになる状態のことです。

  • 前歯の交叉咬合

    前歯の1~2本が逆になっていると下顎が左右へずれたり、噛むたびに不適切な力が歯や顎関節にかかり、痛めてしまうことがあります。

大人の矯正治療について

子どもよりも短期間で終える
ことができる場合もあります

矯正治療は子どもの間に行うものだと思われがちですが、年齢制限等はなく、いくつの方でも始めることができます。また、差し歯やむし歯があっても矯正治療を行うことができます。
大人の歯は成長が止まっているので、多くの方が子どもの治療期間よりも短い期間(2年前後)で終えられています。治療を始めて1週間程度は違和感が残りますが、その後は徐々に馴染んでいきます。一時的に外したい場合にも対応ができますので、その都度ご相談ください。

ワイヤー矯正

どんな歯並びにも
対応可能な矯正装置です

ワイヤー矯正は、ブラケットという矯正装置を歯の表側に装着し、歯を望ましい位置に動かしていきます。
固定式の矯正装置をブラケットといい、動かしたい歯に接着剤を使って付けます。材質は金属製のものと、セラミックスやプラスチックからできているものなど様々です。金属の細いワイヤーを使用する場合と、ゴムを使用する場合があり、ブラケットにフックをつけてゴムをかけられるようにしたり、ワイヤーにバネを通して歯と歯の間を拡げたりすることもあります。

ワイヤー矯正治療のメリット
  • どんな歯並びにも対応ができる
  • 発音障害が出にくい
  • 一回の診療時間が舌側矯正の場合よりも短く済む
  • 金属製のもの、プラスチック製のもの、セラミック製のものなど装置の材質の種類が多いため、状況に合わせて選べる
  • ワイヤーを止めるゴムも透明のものやカラーのものなど種類が豊富

矯正費用について

矯正治療
床装置による矯正治療 ¥150,000
MTM(部分的矯正治療) ¥30,000~
治療費
page top