平日  9:30 - 13:00 /14:30 - 19:00
土曜午後は14:00 - 18:00(休診日:木曜・日曜・祝日)
祝日のある週の木曜は診療します

052-753-0550

子どものむし歯予防

2018年2月8日

定期健診で適切な予防方法を
身に付けていきましょう

子ども時代は、歯が乳歯から永久歯に生え換わるとても重要な時期です。
「乳歯は生えかわるからむし歯になっても大丈夫」とお思いの方もいらっしゃいますが、乳歯の下には、永久歯が育っていますし、生え換わる時期に乳歯の状態が悪いと永久歯にも影響が出る可能性が高まりますので、きちんとしたケアが必要です。小さい頃にむし歯の治療をするのは精神的に大きな負担になりますので、正しいブラッシングやフッ素塗布など適切な予防方法を身に付け、むし歯になる前に予防していくことがとても重要です。

  • フッ素塗布

    フッ素塗布を定期的に行うことによって、歯の表面の強化を図ることができます。お子さんの歯は、歯質が弱くむし歯になりやすいので、年に3~4回程度行うことができるとむし歯予防の効果が期待できます。

  • シーラント

    シーラントとは、奥歯の溝をむし歯になる前に、フッ素を放出するお薬で埋めてしまう方法です。特に溝が深くて複雑な6歳臼歯に効果的です。永久的なお薬ではありませんので、口腔状態により定期的に行う必要があります。

page top